気になる再生医療の悩みを解決してくれる美容クリニック

再生医療で悩んだらここのクリニックへ!

https://www.s-b-c.net/
bnr-sp-area

共立美容外科・歯科

ご自身の血小板を用いてお肌を細胞から活性化!

施術方法

  1. 共立美容外科・歯科の再生医療「ACR(PRP)皮膚再生療法」は、患者様ご自身の血液を採取し血液の中にある血小板に含まれる成長因子を直接お肌に注入し、お肌の中の細胞レベルを活性化させ若返らせる治療法です。薬剤の場合、人によってはアレルギー反応を起こしたり時間とともに吸収されていったりしますが、ACR(PRP)皮膚再生療法はご自身の血液を利用するのでアレルギー反応を起こすことも無いですし細胞レベルを活性化させるため吸収されていくこともありません。※薬剤注入注射との併用も可能です。具体的な治療法は血液を採取後に遠心分離機にかけ、少なくなった細胞を増やしたり元気付けたりする成長因子が多く含まれている血小板だけ取り出し、取り出した血小板を目尻のしわ・目の下のくま・ほうれい線・額のしわ・口元の小じわ・手の甲・肝斑などお肌の気になる部分に注射することで、お肌の中の皮膚細胞が活性化し、ハリを出し見た目年齢を若返らせます。留意点として、薬剤注入注射やコラーゲン注射などと比べ即効性がある治療法ではないので効果を実感するまでに時間がかかる場合があります。そのため、患者様の多くは即効性のある薬剤注入注射と遅効性だけど抜群の効果を発揮するACR(PRP)皮膚再生療法を併用したハイブリッド治療を受けられています。
通院回数 痛み 施術時間
1回~2回 注射する時に少しチクッとする痛みがあります。 約30分

価格

  • ACR皮膚再生療法:121,400円
  • ダブルACR皮膚再生療法:270,000円→216,000円
  • 薬剤注入注射との併用「ハイブリッド治療」:302,400円→272,200円

おすすめポイント!

女性のシルエット

共立美容外科・歯科の再生医療「ACR(PRP)皮膚再生療法」は、「肌の細胞レベルから活性化」「自然な仕上がり」「ご自身の血液を使用するためアレルギー反応が起こらない」「薬剤注入注射のように吸収されて元に戻ることがない」といった点がおすすめポイントです。これまで薬剤注入注射などでしわやたるみの改善をされたことがあり、薬剤が吸収されるたびに注入するといった定期的なメンテナンスが煩わしくなってきた方にオススメです。

お化粧

直後から可能です。

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックの再生医療は圧倒的な定着率80~90%!

湘南美容クリニック

引用元:湘南美容クリニック公式サイト
(https://www.s-b-c.net/)

施術方法

  1. 自己の脂肪やコラーゲンを注射器で採取し遠心分離で濃縮したものを気になる部位に注入します。
通院回数 痛み 施術時間
1回 痛みが少なく治療可能です。 約10~30分

価格

  • 肌再生FG注入療法…1回、一箇所 ¥49,800
  • SBC・リッチ・フェイス…ほうれい線 ¥99,800
    ※¥64,800(搾取作成料)+¥35,000(部位料金)
  • コンデンスリッチフェイス(CRF)…ほうれい線 ¥226,800
    ※¥145,800(採取作成料)+¥81,000(部位料金)

おすすめポイント!

女性のシルエット

湘南美容クリニックの再生医療のポイントは

  • 自分の組織を使うので(自家移植)安全性が高い
  • 異物は入れないので異物反応がない
  • 顔にはメスを使わない
  • 施術時間が10~30分と短時間
  • あらゆる部位に注入が可能
  • 傷跡が残らず、他の人にわからない
  • 翌日からメイクが可能
  • 薬品注入法などのプチ整形とは異なり効果が永続的

更に定着率が80~90%なので何度も繰り返す必要がないので最大のメリットです。

体験者の声

icon

30代になり、お化粧しても”疲れているの?”と言われるようになり、ずっと気になっていた目の下のクマ。カウンセリングを受けてから、ダウンタイムの期間を考えたりで悩みましたが、やって良かったです。暫く内出血や腫れがありましたが、お化粧で何とか隠せました。痛みもそんなになかった気がします。施術はあっという間に終わりました。先生やスタッフの皆さんもとても優しく、本当にやってよかったなと思います。

再生医療って??

再生医療とは、自分自身の血液を採取し血液中の血小板を取り出し注射をする施術となります。血小板中の成長因子を肌へ注入することにより肌を活性化させ肌細胞を蘇らせることにより、小じわやクマなどを消し去ることができます。自分自身の血液のみを利用して異物は一切使用しないので薬剤注入注射などに抵抗のある方にとってオススメな施術となります。施術できる範囲も広く、目尻の小じわ、目の下のクマ、ほうれい線、額の小じわ、口元の小じわ、手の甲、肝斑などにも適応可能です。再生医療のメリットは、薬剤注入注射のように吸収されて戻る心配もありません。その他にも自分自身の血液を利用するのでアレルギーの心配がないことや自然な仕上がりになることが最大のメリットになります。