気になる宇都宮スキンケアクリニックの口コミ・評判は?

宇都宮スキンケアクリニックの口コミ・評判

大学病院でレーザー治療と形成外科の基礎をしっかりと学び、これまで20年以上3,000件以上の実績がある湯浅ドクターが院長を務める宇都宮スキンケアクリニック。こちらのクリニックではレーザー治療が特に人気です。ほくろ・しみ・あざ等のレーザー治療では大学病院や近隣の皮膚科からも紹介されるほどの実力があります。治療後のケアについても、医療用ファンデーションを取り扱っており、テープの貼り換えの手間や目立つといったテープへの不満を払拭した点もスキンケア重視の宇都宮スキンケアクリニックならではの魅力です。

クリニック詳細

1回のレーザー治療で長年のほくろが取れました。

腕にあるほくろの大きさがそこそこあり、ずっと気になっていました。半袖になると目立つので人目を気にして長袖を着て隠すことが多かったのですが、人目を気にせずオシャレをしたいと思い、ほくろ除去をしてくれるクリニックを探しました。色々探していると、宇都宮スキンケアクリニックさんがレーザー治療で治ることを明記していたので良さそうだと思いました。診察やカウンセリングは無料なので行ってみると、ほくろの大きさや状態を確かめてどの方法がいいかを紹介してくれました。今回はアレキサンドライトレーザーでの治療が向いているのではないかとのことで、今からでも施術ができると聞いたのでお願いしました。麻酔をしてくれたので痛みはありませんでした。レーザー後のケアも医療用ファンデーションを塗るだけで大丈夫だったので楽でした。術後1週間ほどで、ほくろがめくれて取れました。その間もずっとファンデーションは塗り続けました。新しい皮膚がしっかりとした皮膚になるとほくろがあったことがわからないくらい、きれいな肌色に落ち着きました。レーザー治療ってすごいんですね。

受けた施術
ほくろ除去
店舗
宇都宮院

Point

気にしていると、ほくろはことあるごとに目に入るので、今回アレキサンドライトレーザーできれいに除去ができて良かったですね。ほくろの中には再発するものもあるので、その場合にはクリニックに相談するといいでしょう。

こんなに楽にほくろがなくなるんて感動です。

顔にあるほくろの数が多くて鏡を見るたびに気になっていました。化粧で消すこともできますが、数が多いので手間がかかりました。ほくろの除去ができればストレスからも解放されると思い、美容クリニックを探しました。最初は都内で探したのですがどこも似たり寄ったりで、ここに行きたいというクリニックはありませんでした。しかし、地元で探してみると宇都宮スキンケアクリニックさんの名前が出てきました。サイトを見てみると、ほくろ除去についても書いてあり、一度話を聞きたいと思いました。予約を取って聞きに行くと、ほくろの状態から「炭酸ガスレーザー」が向いていると説明をしてくれました。一度でたくさんの照射をしてもいいし、予算に合わせて取りたいほくろから始めるのもいいと言われたので、気になるほくろから除去してもらうことにしました。術後すぐにほくろが消えました。新しい皮膚ができるまで処方されたファンデーションを塗ってケアをしました。数週間後にはどこにほくろがあったかわからない状態になりました。これなら他のほくろもお願いできます。

受けた施術
ほくろ除去
店舗
宇都宮院

Point

ほくろは数えると増えるという迷信があるぐらいなので、だんだん増えていくような気がしますよね。小さなほくろが顔にたくさんある状態はとても気になっていたことでしょう。炭酸ガスレーザーでほくろが綺麗に除去できたとのこと。ぜひ続けて「ほくろが気にならない顔」になってくださいね。

目立つしみの治療をしてもらいました。

40代になり頬にできたしみが徐々に目立つようになってきました。1cmを超えるほどの大きさになり、すごく取りたいと思っていました。以前から通っている宇都宮スキンケアクリニックさんでしみの相談をすると、「老人性色素斑」という診察でした。レーザーによる治療が可能で、多くの場合が1回の照射で薄くなると説明をしてくれました。治療は簡単そうでしたが、術後のケアが結果を大きく左右するので、照射した部分が紫外線に触れないよう、ケアを忘れないようにと注意がありました。ケアをするためにテープと医療用ファンデーションが用意されていて、自分で好きな方を選んでいいとのことでした。私は塗るだけでケアができる医療用ファンデーションを選びました。炭酸ガスレーザーをしみに照射すると、レーザーを当てた部分がしばらく赤くなっていました。その後一度色が濃くなって、徐々に薄くなっていきました。半年後くらいには肌色に紛れるくらいになりました。まだうっすらとしみの輪郭がありますが、満足のゆく効果でした。

受けた施術
しみ治療 (老人性色素斑)
店舗
宇都宮院

Point

老人性色素斑は一番多いしみと言われています。できる原因としては紫外線が挙げられいて、これまで浴びてきた紫外線量が多いほど出てきやすいと言われています。治療法はレーザー治療がメインで、今回の炭酸ガスレーザーも一般的な治療法です。徐々に薄くなっていくので根気よく術後ケアを続ける必要がありますが、満足のいく効果になったのは術後ケアを頑張られた結果です。お疲れ様でした。

内服薬で肝斑治療を始めました。

肝斑治療をしました。30代になり両頬にぼんやりとした輪郭のしみが出てきました。雑誌などで肝斑については少し知識があったので、すぐに肝斑だと思いました。肝斑はクリニックで治療するのが一番確実だと思い、早速最寄りの宇都宮スキンケアクリニックさんにカウンセリングに行きました。肝斑はどんなしみなのか、どんな治療法があるのかなどを丁寧に説明してくれました。レーザー治療だと悪化する恐れがあるので、塗り薬・注射・トレチノイン療法・内服による治療から、続けやすいものを選んで続けるのがいいと言われました。そこで内服薬を選びました。時間はかかるとのことでしたが、根気良く続けていこうと思います。他の治療との併用もできるようなので、効果が実感できなければ途中でトレチノイン療法も追加しようと思います。

受けた施術
しみ治療(肝斑)
店舗
宇都宮院

Point

肝斑はなかなか完治が難しいしみです。ドクターの言うように根気よく治療を続ける必要があります。トレチノイン療法は肌への負担も大きいので、肌質によっては向いていない場合もあります。ドクターの診察を踏まえた上で希望を伝えた方が良いでしょう。

あざ治療は難しい。

生まれつきの茶色いあざが顔にあり、目立つので消したいと思っていました。普段は化粧で隠しているのですが、治療することができるのなら治療してしまいたいと思い、脱毛でお世話になっている宇都宮スキンケアクリニックさんに相談しました。あざの治療にはレーザー治療があるとのことで治療内容を説明してくれました。あざの場合は2回照射する方がいいことやあざによってはレーザーがあまり効果が出ないこと、事前にはレーザーの効果があるかどうかはわからないことなどを詳しく教えてくれました。リスクもしっかり話してくれたので、納得をした上で施術を決めることができました。私はメドライトC3によるレーザー治療を2回受けました。照射してもらった部分の茶色いあざはなくなりましたが、今度は毛穴が目立つようになってしまいました。クリニックに相談したところ、黒いぶつぶつは時間の経過と共に薄れていくことを説明してくれました。少し残念な部分はありましたが、アフターフォローもしっかりしてくれていたことと、事前にリスクもあることを聞いていたので何とか自分を納得させることができました。

受けた施術
あざ治療
店舗
宇都宮院

Point

あざはメラニンのある場所ごとに、青あざ・黒あざ・茶あざと言われるものがあります。今回は一番皮膚の浅い部分にある茶あざの治療を行ったようですね。あざ治療ではレーザーによる治療が、副作用が少ないことからも一番適しています。しかし、今回のように満足のいく結果がえられない場合もあるようです。今後より効果の高いあざ治療法が出るといいですね。

クリニック詳細

1 2

品川美容外科各院の口コミはコチラ

北海道・東北

関東

東海・甲信越

関西

中国・四国

九州・沖縄